無料体験の内容は?コースの選択肢は豊富?スタート時にかかる費用は?

体験後の強引な勧誘はないか

有名な英会話スクールでも体験後に強引な勧誘を行うところもあると聞きます。実際にあったトラブル例、勧誘の手口などを調査しました。スクール選びに失敗しないためにぜひ参考になさってください。

英会話スクールの強引な勧誘の手口

近年、英会話スクールの強引な勧誘が問題になっているようです。その手口についてご紹介しますので、どうぞご参考ください。

  • 街中でアンケートと称して個人情報を書かされる。後日、「無料体験レッスンが当たりました」などの理由を口実に電話が入り勧誘される。
  • 駅前や大手書店で呼び止められ、興味を示すと教室へ誘導され長時間にわたり拘束され、契約をするまで帰らせてくれない。
  • 就職セミナー会場などで声をかけられ「英語ができないと就職できない」など就職活動に絡めて英会話スクールへ勧誘される。
  • 「国際交流に興味はないですか?」などと異性から声をかけられ、英会話スクールと名乗らず勧誘するパターンも多い。

以上のようなことが問題となり、消費者センターなどでの相談件数も増えています。執拗な勧誘が原因で、実際に業務停止命令が出されたケースもあります。安易に声をかけ近づいて来られた場合は十分注意し、その場では返事をしないようにしましょう。

体験レッスンを受けた後に多いトラブル

英会話スクールでは、ポイントやチケットを購入し前金で支払う場合が多いです。このようなシステムが一概に悪いわけではありませんが、高額なゆえ注意する必要があります。体験レッスンを受けた後によくあるトラブルの例をあげます。

  • 今すぐ決断を迫られる
    「分割なら支払えますよね?」とローンでの支払いを強引にすすめられたり、「今やらずにいつやりますか?」など本人の向上心を煽り、契約を押し進めようとする業者は要注意です。
  • 説明が長時間になり、金額をなかなか言わない
    やたらと長い説明をした後に、途中で席を抜け待たせるなど時間を長引かせ肝心の金額の話をなかなかしてこない場合も要注意です。初めての慣れない環境に長時間いると思考能力が鈍くなり、なかなか冷静な判断がしにくくなります。
  • 予算よりも高いコースをすすめる
    こちらが予算を提示しているにも関わらず、「自己投資のために」などやる気やプライドをくすぐり高額なコースをすすめてくるケースもあります。そのような誘導をされても決して無理をせず、自分の支払いできる範囲内で通えるコースを選ぶようにしましょう。

トラブルを防ぐためにできることとは?

今ではどこのスクールでもHPがあり、コース内容や料金を提示しているので事前に確認できるはずです。実際に通うことになった場合を想定して、自分に適したコースがあるか確認してから体験レッスンを申し込むようにしましょう。

また口コミや評判をすべて鵜呑みにするのは良くないですが、参考程度に知っておくのは有効です。実際に行ってみてHPや広告の内容と違う場合は、その場で決めずよく考えてから後日返事をするなどの手段を取りましょう。そして、高額な支払いに不安を感じている人は月謝制のスクールを選ぶのも一つの手です。

人気英会話スクールの無料体験や初期費用を比較!